大会初日!

初めての公式戦!

チーム・アイザックは、2019年8月16日~18日に渡って長岡市で開催されたロボカップ・ジャパンオープンに出場しました。本大会はチームが経験する最初の公式戦。

その初日の模様をお伝えします。

開会式の様子

第20回目の記念大会

ロボカップとは、ロボットによるサッカー大会で1992年に発足、ロボカップ・ジャパンオープンは今回で20回目となりました(世界大会は2019年7月に第23回大会をシドニーで開催した)。我がチームが参加したのは小型リーグ(車輪)という競技で、会場の最も広いスペースで全国から参加した7チームによって熱戦が繰り広げられました。人間がリモコンで動かすのではなく、人工知能によって動くロボットが戦略に基づいて自立的に戦うもので、小型(車輪)リーグでは、8台のロボット同士が対戦します。

小型(車輪)リーグの特徴は、スピードが非常に早いこと。ロボカップでは他にもヒューマノイド(人間型)のロボットがサッカーをする競技もありますが、こちらは技術的な課題が多くスピードは遅い。それに比べて小型(車輪)リーグでは、すでに人間では追いつかないほどにスピードが高まっています。世界大会のルールではオートレフリーというシステムが導入され、レフリーさえも自動制御され、ロボットが自動的に競技を進めるようになっています。

ほろ苦い初戦

いよいよ初戦を迎えたチーム。この日のために連日徹夜に近い準備をしてきました。しかし、当日になってトラブルが続出。準備したロボットは5台でしたが、試合開始直前できちんと動いたのが二台。しかも、キックができない・・。それでも時間がくれば試合は開始。

対戦相手は豊田高専のKIKS。相手は八台が勢揃いし、キビキビした動きを見せてい明日。一方、チーム・アイザックのロボットは空回り。なかなか難しい状況に追い込まれました。

チームは、ロボットのプログラムを担当する戦略班とロボットの機体を製作するせ設計や回路の班に大きく分かれ、それぞれの専門分野を生かして戦っています。試合開始前は、特にロボットとの通信や位置情報の調整などで戦略班が動きますが、試合が開始されると機体の調整や修復に設計・回路班は大忙しです。

大きなプレッシャーの中で短時間で何をやるかを判断し、実際に手も足も動かしてチームで動く様子は、本当に緊張感に溢れていました。

結局、様々なトラブルを解決することができず、1点も入れることができずに、大敗してしまいました。それでも極めて不利な状況の中、試合を棄権したり、コールドゲームにすることもなく、最後まで戦うことができたのは、チームのあきらめない努力の成果です。よく頑張りました。

次戦は翌日

試合終了後には、次の戦いを翌日に控え、すぐに調整がはじまりました。トラブルのあった原因をつきとめ、修正方法を模索する。会場を出たのが夜中の9時過ぎで、ホテルに帰っても作業は続きます。今夜も徹夜になります。

夜中の誰もいない会場で調整作業が続く